ようこそ

ようこそ

「企業」「個人」「社会」の未来を描く

はじめに

Indigo Blueでは、「企業のバリューアップ支援を通じ、その社員及びステークホルダーにとってかけがえのない時間づくりをすること」をポリシーとしています。

代表からのメッセージ

「ヒト(人事)が変われば会社が変わる」


経営トップの方々と話をすると、経営の課題・テーマのほとんどの内容は
ヒトと組織に関する話題が多く、ビジネス環境の変化が大きい中での対応が複雑で
特に人事部門に対する戦略的な期待を述べられるケースに遭遇します。

経営は「ヒト、モノ、カネ」と言われ
モノとカネにはいろいろなチャレンジと改革が行われていますが
ヒトに関しては、経営の根幹にありながらも
戦略的・計画的な意思決定ができていないことが多く見受けられます。

勝ち続ける会社に共通していることは、それを実現できる人材が確実にいて
力を発揮できる環境と仕組みが計画的に準備・整備されていることです。
最終的な成果や実績は、ヒトと組織抜きにありえません。
だからこそ経営トップは、ヒトと組織を司る人事に期待と要求をするのです。

ヒト(人事)のイノベーションを起こさずして、会社は変われません。
ビジネスの成功は誰がやるのか、どういう組織でやるのか、
誰に任すことで会社の成長に貢献できるかー。

Indigo Blueは、「ビジネスに貢献できるヒト(人事)の成長」のお手伝いをし
「経営の質を高める」支援をして参りたいと考えています。





代表取締役社長
  寺 川 尚 人


三位一体


三位一体

次世代リーダーの育成と選抜

次世代リーダー育成

個を強くする人事


日本の組織の課題は「個」の強化です。

個々の社員が自分は何をする人間なのか、より高い次元の仕事をするために何を強化すべきかを常々自覚している・・・。
そのためには個々に当事者意識が必要です。

また、“個”を率いて組織を伸ばすリーダーの存在。

この「組織をのばすリーダー」とは、
一緒に働いている人、接した人の「成長スイッチ」をONにしていくことができる人です。

「個が強くなる組織、人事の仕組み」、そして「組織をのばす次世代リーダー育成」、 「次世代リーダーの選抜」。

IndigoBlueでは”次世代人事の実現”を支援してまいります。

リーダーに求められるもの

理と情のバランス


次世代リーダーに求められることを一つと問われた場合、私は『「理」と「情」のバランス』を挙げます。

合理的なものの見方ができる上に、ヒトの気持ちがわかる。状況に応じて、 「理」と「情」の按配をコントロールできる。これこそ、次世代のリーダーが目指す姿だと思います。

しかし、この「理と情のバランス」を鍛える場がない。実際にリーダーになってみて、それこそ"七転八倒"するしかないのが現状です。

理と情のバランス 「理」だけとなると、鍛える場は結構あります。「理」を鍛える教材や学校・研修機関はたくさんありますし、それを問われる場面もたくさんありますね。大学受験もそうです。
いわゆる"頭がいい"も、この点を指して言われます。だからこそ、みながここを鍛えようとするわけです。(ここは鶏と卵の関係。問われる場面が多いので鍛える場が多い。循環して更にこの傾向が強まっています。)

但し、「理」がいかに優れていても、「理」だけじゃダメなことは誰でもわかっています。
ところが、「情」を深めたり、「理と情のバランス」を鍛えたりすることになかなか意識がいきません。

「情」の豊かさを否定する人はいません。

「情」が無い人には魅力を感じませんし、ヒトの気持ちがわからない人には人心が集まりません。
ところが、「情」はいかに豊かであっても、それが芸術分野などで表出しない限り、そのヒトの評価の土俵に乗ってきません。そこが課題です。「情」の部分を深める、豊かにすることへの社会・経済的なインセンティブが弱いのです。ここは学校教育、入学・入社試験、人事評価基準を変えないと変わりません。

「情」の部分を豊かにするのは「理」を鍛えるよりもはるかに難しいでしょう。「情」は自分だけではどうにもなりません。いろいろな人との関わりや体験から育まれるものです。
自分の"器"の大きさが問われます。一朝一夕にどうなるものでもありません。だからこそ、次世代のリーダーを目指す人がここを意識して若いうちからやっておきませんと、いざリーダーになったときに大変です。

現職のリーダーの方であれば、それこそ相当意識して「情」に取り組んだ方がいいです。
さもないと、頑張っても、頑張っても"アイドリング"します。

こればかりは本人が"その気"になるしかありません。染みついた「理」優先マインドのせいです。
「情」が大事なのはわかっているが「理」が強い方が"優れている"とどこかで思っています。

先日、このメソッドに参加した大学生から質問を受けました。

"どうすれば、情を豊かにできますか?"

難しい質問です。私の答えは、

"自分の殻を破ること。そうしないと周りの人が入って来れない。"

この若者とのやりとりは自分への戒めでもあります。ちっぽけなプライドが自分を開くことを 制限する自分いることを知っていますので。もっともっと自分を開かないといけません。

理と情のバランスは、「次世代リーダー選抜」や「次世代リーダー育成」における眼目なのです。

次世代リーダー育成の課題

次世代リーダー育成

(1)なぜ、「次世代リーダー育成」が企業の最重要テーマなのか?


・変わる環境と、求められるリーダー育成
・リーダー育成のプロセス
リーダー育成のポイント

(2)今、求められるリーダー像とその育成ポイントとは


・リーダーを育成するポイント
・リーダーとしての実力を形成する要素
リーダー育成の解決方法

(3)「次世代リーダー育成」で陥りがちな罠、その解決方法とは?


・リーダーを育成するポイント(課題対応のプロセス)
・リーダーを育成する学びの場
・修羅場の経験によって得られるもの
・次世代リーダー育成プログラムに必要なもの

Copyright© Indigo Blue Co.,Ltd. All Rights Reserved.