2020年人材育成責任者の会とは

2020年人材育成責任者の会

異業種交流勉強会「2020年人材育成責任者の会」をご案内します

2020年人材育成責任者の会とは

大企業、外資系、中堅企業、ベンチャー企業、様々なバックグラウンドを持つ将来の人材育成責任者が集う異業種交流勉強会です。

グローバル対応、高齢者増加、若年層減少、女性の幹部職登用など、人事部門が待ったなしの対応を迫られている問題について、2020年という時間軸を設定し、株式会社Indigo Blue代表 柴田励司のファシリテーションによる熱のこもった議論が繰り広げられます。

第2期(終了報告)

2020年人材育成責任者の会の様子

開催概要

参加者 各企業の人材育成担当者 13社14名
開催場所 東京都世田谷区 セミナーハウス フォーリッジ
日程 1日目:2014年 9月13日(土)
2日目:2014年10月31日(金)
3日目:2014年11月 1日(土) *2日目と3日目は合宿形式

アジェンダ

Day 1 2020年人材育成責任者の会・午前
■オリエンテーション

■情報交換シートの共有

■基調講演 「経営の一翼を担う人事責任者になるために」 ㈱Indigo Blue代表 柴田励司

【 人事部長の“課題” 】
・企業の成長に資する人材の確保
・自らの後継者問題の相談
・ダイバーシティの実現
・人件費の最適化
・組織力学の活用
・人材DBの維持管理
・情報の流れの円滑化
・組織感情の把握

【 マネジメント・スタイル診断(MP診断)の活用 】

【 2020年の12の予想シナリオ 】
  1.遺伝子情報サービスが一般化している
  2.マイナンバー法の運用が定着している
  3.大学進学率が停滞、学歴価値が更に低下している
  4.中国経済がバブル崩壊、東南アジア市場が急成長している
  5.東京以外に”経済圏”が複数存在、外資が誘致されている
  6.女性管理職比率30%が義務化している
  7.法定福利費が25%に達している
  8.ホワイトカラーエグゼンプションが採用されている
  9.公的年金の支給開始年齢が70歳になっている
 10.社内の外国人社員比率が10%を超えている
 11.社員の兼業が解禁されている
 12.開業率が10%に達している

■参加企業間の情報・事例共有

2020年人材育成責任者の会・午後
人材育成の課題についてのディスカッション
・予想シナリオの実現可能予測とその意味について
・参加者は3グループに分かれ、12の予測シナリオの中から発表テーマを選択

Day 2 2020年人材育成責任者の会・午前
■マネジメント・スタイル(MP)診断結果についての解説
・個人の強みと弱み、チームの傾向について

■発表テーマについての議論を深めるためのインプットセッション
・ダイバーシティとモチベーションについて - 行動科学的アプローチから 
 CLG社 シニア・コンサルタント Danielle Geissler, Ph. D

2020年人材育成責任者の会・午後
■3つのテーマごとに別れ、成果報告に向けた作業(夕刻に懇親会を挟む)
・テーマ1 公的年金の支給開始年齢が70歳になっている
・テーマ2 社員の兼業が解禁されている
・テーマ3 女性管理職比率30%が義務化している

Day 3 2020年人材育成責任者の会・午前
■成果発表の中間レビューと作業

2020年人材育成責任者の会・午後
■成果発表
振返りとまとめ
成果報告
・テーマ1 「2020年に、公的年金の支給開始年齢が70歳になっている」 チーム筋肉痛
・テーマ2 「2020年オープン・アーキテクチャー社会の到来に向けた提言」 チーム南国
・テーマ3 「女性管理職比率30%が義務化している」 チーム白い服

※報告書の内容につきましては以下のリンクからご覧いただけます。


成果報告書

延べ3日間にわたり「人材育成責任者の会」で話し合われた内容を報告書としてまとめました。
以下のタイトルをクリックするとPDFファイルが開きます。

・テーマ1 公的年金の支給開始年齢が70歳  公的年金の支給開始年齢が70歳
・テーマ2 2020年オープン・アーキテクチャー社会の到来に向けた提言  2020年オープン・アーキテクチャー社会の到来に向けた提言
・テーマ3 女性管理職比率30%が義務化している


第1期はこちらから

Copyright© Indigo Blue Co.,Ltd. All Rights Reserved.