『もしかしてブラック上司?』


ブラック上司とホワイト上司。その差は紙一重 ブラック上司とホワイト上司。その差は紙一重です。
いずれも、自分が率いているチームの業績を高めようとしています。メンバーのことを育てようとしています。
すべて良かれと思ってやっているはずです。ところが、ちょっとしたことでブラック上司だと思われ、一緒に働きたくない、
転職したい、いつかリベンジしてやろう(怨)・・・、などと思われていたりします。

ちょっとした配慮不足から傷つき精神疾患になる社員が出たり、仕事の配分が偏り過剰労働となり身体を壊す社員が出たり、
はたまた目標達成のために不正に手を染める社員が出たり・・。それもこれも、現場のとある上司の言動・所作が発端だったりします。 この上司はブラックを自認しているわけではありません。悪を自ら名乗るのは“死ね死ね団とかショッカーの大将”くらいです。
古今東西、自分は悪だーという人は現実にはおりません。みな自分がやっていることは正しいと思っているはずです。
すべては業績をあげるため、その人を育てるため・・・。ところが現場で、あなたの言動が悪の根源とみなされていたりします。

部下たちの心の声に耳を傾け、自分の言動を改めてみる。それが脱ブラック、信頼関係を築く第一歩となります。
ぜひ、ページをめくってみてください。


著者紹介

柴田励司

1962年東京都生まれ。上智大学文学部英文学科卒業後、京王プラザホテル入社。京王プラザ在籍中に、
在オランダ大使館出向。その後京王プラザホテルに戻り、同社の人事改革に取り組む。
1995年、組織・人材コンサルティングを専門とするマーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティング
(現マーサージャパン)に入社。2000年、38歳で日本法人代表取締役社長に就任。
組織に実行力をもたらすコンサルティング、次世代経営者層の発掘と育成に精通する。
2007年、社長職を辞任し、キャドセンター代表取締役社長、デジタルスケープ
(現イマジカデジタルスケープ)取締役会長、デジタルハリウッド代表取締役社長、
カルチュア・コンビニエンス・クラブ代表取締役COOなどを歴任。
2010年7月より「働く時間」「学ぶ時間」をかけがえのないものにしたいという思いのもと、
経営コンサルティング事業と人材育成事業を柱とする株式会社Indigo Blueを本格稼働。
現在は会長に就任。

[ その他兼務職 ]
パス株式会社 取締役
株式会社テレコムスクエア社外取締役 他





お問い合わせはこちらから
株式会社Indigo Blue
〒105-0001 東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町7階
電話: 03-5408-5684 ファックス: 03-5408-5683
HP: https://indigoblue.co.jp
E-mail: info@indigoblue.co.jp