会社情報

会社情報

企業が直面している課題解決をパートナーとして支援

会社概要

会社名 株式会社Indigo Blue
(英語表記 Indigo Blue Co.,Ltd.)
役員 代表取締役会長: 柴田 励司(Reiji Shibata)
代表取締役社長: 寺川 尚人(Naoto Terakawa)
取締役: 瀧谷 知之(Tomoyuki Takiya)
取締役: 鈴木 敏中(Toshinaka Suzuki)
取締役: 滝澤 正樹(Masaki Takizawa)
監査役: 西澤 滋史(Shigefumi Nishizawa )
執行役員: 吉田 仁史(Hitoshi Yoshida)
執行役員: 村松 太郎(Hitoshi Yoshida)
設立年月 2007年5月18日
資本金 4,925万円
事業内容 ・人材育成事業(OT事業)
・コンサルティング事業
・Emotional Integration事業
・人材紹介事業(許可番号:13-ユ-304930)
所在地 〒105-0001 東京都港区虎ノ門5丁目1番5号
メトロシティ神谷町7階
電話番号 03-5408-5682(代表)
Eメール

アクセスマップ

アクセスマップ
〒105-0001 東京都港区虎ノ門5丁目1番5号 メトロシティ神谷町7階
電話 03-5408-5682 FAX 03-5408-5683
地下鉄日比谷線神谷町駅 4a、4b方面の改札を出て左へ
エレベータ直結



取締役

代表取締役会長
柴田 励司(Reiji Shibata)

柴田励司

1962年東京都生まれ。上智大学文学部英文学科卒業後、京王プラザホテル入社。京王プラザ在籍中に、在オランダ大使館出向。その後京王プラザホテルに戻り、同社の人事改革に取り組む。
1995年、組織・人材コンサルティングを専門とするマーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティング(現マーサージャパン)に入社。2000年、38歳で日本法人代表取締役社長に就任。組織に実行力をもたらすコンサルティング、次世代経営者層の発掘と育成に精通する。2007年、社長職を辞任し、キャドセンター代表取締役社長、デジタルスケープ(現イマジカデジタルスケープ)取締役会長、デジタルハリウッド代表取締役社長、カルチュア・コンビニエンス・クラブ代表取締役COOなどを歴任。 2010年7月より「働く時間」「学ぶ時間」をかけがえのないものにしたいという思いのもと、経営コンサルティング事業と人材育成事業を柱とする株式会社Indigo Blueを本格稼働。2015年11月より代表取締役会長に就任。



代表取締役社長
寺川 尚人(Naoto Terakawa)

寺川尚人 1982年 ソニー入社。 デジタルネットワークソリューション バイスプレジデント兼人事部統括部長。パーソナルソリューションビジネスグループ事業推進部門・部門長、グループ関連会社等の取締役などを歴任。一貫して人事・労務業務に従事。新規事業の立ち上げ、本社構造改革やGP経営の制度設計の導入、運営をリード。
2006年 スタイリングライフ・ホールディングス取締役就任。経営戦略、経営企画、財務、人事、情報システム、総務、法務、アライアンス、コンプライアンス、品質管理、等の責任者を歴任。2010年 マキシム・ド・パリ株式会社 代表取締役社長就任。2012年 株式会社ワールド 執行役員人事本部長を歴任。
約60を超える様々な業界の新規事業の立ち上げと40を超える取締役、執行役員の経営経験を有している。


取締役
瀧谷 知之(Tomoyuki Takiya)

瀧谷知之 トーマツコンサルティング、ジュピターTV、カルチュア・コンビニエンス・クラブを経て、2010年IndigoBlueに参画。
トーマツコンサルティングでは通信ハイテク業界の戦略立案/変革支援に従事。その後ジュピターTVを経て、ツタヤオンライン、TSUTAYA、カルチュア・コンビニエンス・クラブでは経営戦略室長を担い、ネット事業領域を中心に戦略立案や事業改善、新規事業企画に従事。
2014年パス株式会社の代表取締役COOに就任。
また株式会社コラビーの代表取締役として経営コンサルティング、会員サービスの企画・開発およびインキュベーションなどを手掛ける。


取締役
鈴木 敏中(Toshinaka Suzuki)

鈴木敏中 1973年ソニー株式会社入社。本社及び国内・英米子会社に勤務。人事諸制度の導入、グローバルビジネスの成長基盤確立、生産統合会社設立などをリード。2002年以降、ファイザー、サノフィの日本法人において、M&A後の統合実現、全社的な企業文化醸成プロジェクトなどを推進。2013年株式会社BWFJカンパニーを設立。代表を務める。
ソニープルコ生命(現ソニー生命)総務部長、ソニー株式会社パーソナルネットワークカンパニー人事部長、ソニーEMCS株式会社執行役員人事・総務担当、ファイザー株式会社常務取締役人事・総務担当、サノフィ株式会社取締役副社長シェアードサービス担当等歴任。


取締役
滝澤 正樹(Masaki Takizawa)

滝澤正樹 株式会社なとり・人事部。光通信人事戦略部マネージャー・常勤監査役。 日本ポール 人事部部長兼、総務部・法務部シニアマネージャー。アデランスホールディングス人事室部長等を歴任。2013年 Indigo Blue参画。
近年は人材・組織開発コンサルタントとして、国内企業、外資系、ベンチャーから老舗企業まで様々な産業の人材・組織マネジメントの変革を実行支援。人事・組織戦略構築、組織開発、風土改革、人材アセスメント、エグゼクティブコーチングを専門としている。




コンサルタント

執行役員
吉田 仁史(Hitoshi Yoshida)

吉田仁史 国際貿易ベンチャー企業にて日本国内外で新事業開発に従事、米国現地法人社長を務める。 株式会社VSNにて経営企画室長として業績V字回復ターンアラウンドプロジェクトを牽引。
2003年に株式会社IWNCに入社、組織変革と人材開発のコンサルティングサービスに従事。 日本国内外の顧客企業にチームビルディング、多種ワークショップ運営、リーダーシップ開発、 マネジメント研修、組織風土改革コンサルティングを提供。同社にて海外グループ人事リーダー、中国現地法人社長、日本法人代表取締役を歴任。2014年よりIndigo Blue に参画。

横浜国立大学非常勤講師、早稲田大学ビジネススクール中国研究室講師
執行役員
村松 太郎(Taro Muramatsu)

村松太郎 株式会社IWNCの代表取締役社長、株式会社IWNCホールディングスの取締役を経て、2015年よりIndigo Blueに参画。
組織開発、人材開発業に20年携わり、多くのプロジェクトを担当。大手企業、中小・ベンチャー企業の戦略策定やその浸透、次世代リーダーの開発、企業変革にともなう、ミッション、ビジョン、バリューの策定と浸透他のプロジェクトリード。外資系企業と国内大手企業との文化融合施策の策定とその浸透も数多く実施。企業改革、組織戦略構築とその浸透。組織開発、風土改革。人材育成、人材アセスメント・コーチングを強みとする。 
アソシエイト
山森 達也(Tatsuya Yamamori)

山森達也 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社を経て、情報セキュリティ・個人情報保護・BCPのコンサルティングおよびアセスメント業務に従事。グローバル企業、国内大手からベンチャー企業まで様々な組織に対してプロジェクトリーダーとして携わる。
シニア コンサルタント
宮川 敦(Atsushi Miyagawa)

宮川敦 株式会社IWNC社において1989年の創業時から25年以上体験学習の手法を生かした組織/人材開発プログラムを多く開発し多くの企業に提供してきた。役員まで勤め、2015年からIndigo Blueに参画。Emotional Integration事業においてクライアントと向き合い、プログラムをともに開発するコンサルタントロールが多いが、マネジメントチームのチームディベロプメントのファシリテーションでも成果を挙げている。外資系IT、外資系保険、外資系。精密機器など、外資系クライアントが多いが大手内資労組もクライアントとして名を連ねる。
クライアントサービス マネージャー
藤本 幹子(Mikiko Fujimoto)

藤本 幹子 1998年三菱電機エンジニアリング株式会社入社。コンテンツ事業や映像配信事業の事業領域のセールスエンジニアとして、デジタルサイネージの新規事業の立ち上げなどに参画。その後、株式会社イーシー・ワンなどで米国ソフトウエア会社との事業開発、国立研究開発法人とのプロジェクト推進をなど担当。2016年よりIndigo Blue参画。


パートナー

シニア パートナー
梅田 佳代子(Kayoko Umeda)

梅田佳代子 1976年AIU保険会社に入社。その後、米系のCAD/CAMコンピューター会社在籍中に人事キャリアをスタート。以降30年にわたり、シティバンク、スペンサースチュアート、シュローダーグループ等で人事分野における幅広い経験を積む。2000年シュローダー投信投資顧問(現シュローダー・インベストメント・マネジメント)の人事部長に就任。 マネジメントチームの一員として人事全般および組織運営にかかわる。2013年7月よりIndigo Blueに参画。各企業向け人材開発でアセスメントを担当。
シニア パートナー
宮竹 直子(Naoko Miyatake)

>宮竹直子 1982年株式会社ジェーシービー入社、人事部人材開発グループマネージャー、品質管理部長、執行役員コミュニケーションセンター部長他要職を歴任。プレミアム会員専用窓口を立ち上げ他、事業および管理両面で同社を牽引。2008年関連会社ジェーシービー・サービス代表取締役社長就任。2013年8月に株式会社感性労働研究所を設立。2015年IndigoBlue参画。
エグゼクティブリーダーシップ開発、エグゼクティブアセスメント&トレーニング、女性リーダー育成、 女性活躍推進支援、社会人基礎力強化、EQ開発トレーニング、コールセンター運営コンサルティング、その他人材開発全般を強みとする。
シニア パートナー
増田 和利(Kazutoshi Masuda)

増田和利 外資系企業を専門とするファシリティ・マネジメント会社にて数多くの オフィス・プランニングを経験。その後外資系企業数社にて人事・教育・労務・総務全般に従事。コンデナスト・パブリケーションズ・ジャパンのHRディレクターを経て独立。2011年にOffice K&Mを設立し、外資系及び日系企業の人事制度構築からオフィス環境の整備まで、人事総務系の幅広い分野で活動中。(一社)日本産業カウンセラー協会認定「産業カウンセラー」、国家資格 キャリアコンサルタント(2級キャリアコンサルティング技能士)
シニア パートナー
勝田 勇生(Isao Katsuta)

勝田勇生 1974年富士ゼロックスに入社。R&D各セクション、海外駐在、コーポレートを経て、商品開発推進部長、マーケティング部長を歴任。カラー・デジタル等の新規技術開発、プラットフォーム開発、新規事業の立上げに貢献する。富士ゼロックスを退社後、米国ゼロックスコーポレーションに入社、Graphic Communication Organizationの日本駐在として、ゼロックスコーポレーションと富士ゼロックスの間に立ち、開発・ビジネス活動におけるコミュニケーションのサポートに貢献した。2016年からIndigo Blue社に参画。
パートナー
北島 規子(Noriko Kitajima)

北島規子 大学卒業後、貿易商社、会計事務所勤務を経て、1990年に外資系製薬企業ローヌ・プーラン・ローラー株式会社(現サノフィ株式会社)に入社。2015年退職。 人事労務全般、対労働組合交渉、人事諸制度企画、個別労務対応を主に担当。また、育児サポート向上施策を始めとする数々のプロジェクトをリードするなど、豊富な人事・労務領域の経験をベースに活躍。
シニア パートナー
間瀬 悟(Satoru Mase)

間瀬 悟 ファイザー株式会社にて36年に亘り勤務。 MR・フィールドサポート・人材開発に従事した後、医薬人事・人事の部長職、グローバル直結の総務グループ統括部長職を歴任。
MRの営業スキル向上のためのプログラム開発、社員が働きやすい環境を作る新しい人事制度の導入、オフィス統合・改革プロジェクトなどをリードし、チェンジ・マネジメントにも精通。 新卒・中途採用のために多くの面接を行い、また会社統合においては社員のアセスメントを行ってきた実績を持つ。
2016年 Indigo Blueに参画
シニア パートナー
池照 佳代(Kayo Iketeru)

池照佳代 マスターフーズリミテッド、フォードジャパン、アディダスジャパン、 ファイザー、日本ポールにて一貫して人事を担当。有限会社アイズプラス 代表。

CDA(キャリアデベロプメントアドバイザー)
EQGA公認トレーナー/プロファイラー
The Bob Pike Group プロフェッショナルトレーナー
シニア パートナー
ロドリック・ポーター(Roderick Porter)

ロドリック・ポーター 2007年~2010年、世界的なトレーニング会社の日本法人代表を務め2011年に独立。単なる語学に関するトレーニングではなく、グローバルな舞台で活躍するためのビジネスパーソンを育てるためのビジネススキルトレーニングのプロフェッショナル。 外資系・日系企業双方で若手からプレジデントまで様々な国籍・役職のビジネスパーソンに向けてトレーニングを行う。
シニア パートナー
ギャリー・ヴィアヘラー(Gary Vierheller)

ギャリー・ヴィアヘラー 1988年より、富士フィルム、電通、ソニー、ヤンセンファーマ、大塚製薬、外務省、日本建築センター、JTなど日本企業や団体でエグゼクティブ・コーチング/コンサルテーション、インターナショナル・ネゴシエーション、ビジネス文書作成、プレゼンテーション原稿作成、プレゼンテーション指導等を行う。2001年より文科省スーパーサイエンスハイスクールプロジェクト (SSH) にて、全国の高校生にプレゼンテーションを指導。日本科学未来館にて、国際渉外、プレゼンテーション原稿作成、指導、VIP案内に関する英語コンサルタントを務める。
文部科学省、(独)科学技術振興機構等で活躍。日本人宇宙飛行士(土井氏、向井氏、毛利氏、野口氏、古川氏、星出氏、山崎氏)への英語カリキュラム作成と指導を行う。

コンストラクティブ・リビング(CL:建設的な生き方)公認インストラクター
シニア パートナー
リック・アレン(Rick Allen)

リック・アレン 米国海軍での航空機エンジン整備、及び品質管理に重点を置いた航空機技術に20年の経験有す。 2003年より日本企業向け経営管理セミナーでの講師を務める。ボーイングジャパン民間航空機部門 調達品質管理コンサルティング。小糸工業株式会社、富士重工業株式会社などのサプライヤー品質管理。小糸工業、多数の航空機関連会社、ボーイング技師間の会議ロジステック遂行。小人数チーム編成、リーダーシップ、マネジメント能力開発スペシャリスト。
シニア パートナー
サチヨ・ヴィアヘラー(Sachiyo Vierheller)

サチヨ・ヴィアヘラー 2001年より文科省スーパーサイエンスハイスクールプロジェクト (SSH) にて、全国の高校生にプレゼンテーションを指導。道具としての英語使い熟し術習得に向けた『Be a Global Communicator (地球人のコミュニケーション)』ワークショップを展開。大手商社海外勤務マネージャー向け経営管理、リーダーシップ養成、チーム作り/チーム力強化セミナーのアシスタント講師を務める。英語コミュニケーション・コーチ/コンサルタント歴25年。通訳、翻訳者としてイスラエル、ローマ、ベニス、シカゴ、ワシントンDCでの国際学会取材参加。
シニア パートナー
筱田 玲子(Reiko Shinoda)

筱田 玲子 デュポン株式会社の人事を経て、1992年米国パーデュー大学MBA(人事専攻)を取得。その後、世界銀行にて世界銀行スタッフとグローバル企業間のスタッフ・エクスチェンジ・プログラムを推進。チェース・マンハッタン銀行(現JPモルガン証券)の人事を経験した後、2008年ピクテ投信投資顧問株式会社取締役人事部長として人材開発・組織開発を中心とした人事全般に関与。
キャリア・ディベロップメント・アドバイザー。
シニア パートナー
佐藤 勝彦(Katsuhiko Satoh)

佐藤 勝彦 1969年日産自動車入社以降、人事、人材育成、組織開発分野を幅広く経験。
イリノイ大学院社命留学後、アメリカ工場立ち上がり及びアメリカ設計開発会社設立に参画。1992年から本社人事部次長。1995年フォードジャパンに移籍。
人事・広報などを担当後2002年同社社長に就任。
2007年(株)檀谷アソシエイツ設立。

現在、多摩大学大学院経営情報学研究科 特任教授を兼務。
シニア パートナー
内田 実(Uchida Minoru)

内田 実 ヘキストジャパン(現サノフィ株式会社)でマーケティング、研究開発に従事。日本及び欧州にてプロジェクトマネージャーとして臨床開発を推進。グローバル・ポートフォリオマネジメント/プロジェクトマネジメント メンバー。
2010年、社内キャリアデザインセンターを立ち上げる。
キャリアディベロップメントアドバイザー(CDA)。





Copyright© Indigo Blue Co.,Ltd. All Rights Reserved.