役員

代表取締役
柴田 励司(Reiji Shibata)
1962年東京都生まれ。
上智大学文学部英文学科卒業後、京王プラザホテル入社。京王プラザ在籍中に、在オランダ大使館出向。
その後京王プラザホテルに戻り、同社の人事改革に取り組む。
1995年、組織・人材コンサルティングを専門とするマーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティング(現マーサージャパン)に入社。2000年、38歳で日本法人代表取締役社長に就任。組織に実行力をもたらすコンサルティング、次世代経営者層の発掘と育成に精通する。2007年、社長職を辞任し、キャドセンター代表取締役社長、デジタルスケープ(現イマジカデジタルスケープ)取締役会長、デジタルハリウッド代表取締役社長、カルチュア・コンビニエンス・クラブ代表取締役COOなどを歴任。
2010年7月より「働く時間」「学ぶ時間」をかけがえのないものにしたいという思いのもと、経営コンサルティング事業と人材育成事業を柱とする株式会社Indigo Blueを本格稼働。現在、代表取締役を務める。


取締役
瀧谷 知之(Tomoyuki Takiya)
トーマツ コンサルティング(現デロイト トーマツ コンサルティング)に入社し、通信ハイテク業界の戦略立案/変革支援に従事。
その後ジュピターTVを経て、ツタヤオンライン、TSUTAYA、カルチュア・コンビニエンス・クラブで経営企画/経営戦略室長として、ネット事業領域を中心に戦略立案や事業改善、新規事業企画、赤字事業の再建/撤退、M&A等を手掛ける。
2010年に株式会社コラビーを設立し代表取締役CEOに就任のほか、パス株式会社の代表取締役COOおよび各グループ会社の代取/取締役を経て現在に至る。今までに上場企業含め9社の代取/取締役を経験している。

 


コンサルタント

シニアコンサルタント
吉田 仁史(Hitoshi Yoshida)
国際貿易ベンチャー企業にて日本国内外で新事業開発に従事、米国現地法人社長を務める。 株式会社VSNにて経営企画室長として業績V字回復ターンアラウンドプロジェクトを牽引。2003年に株式会社IWNCに入社、組織変革と人材開発のコンサルティングサービスに従事。 日本国内外の顧客企業にチームビルディング、多種ワークショップ運営、リーダーシップ開発、 マネジメント研修、組織風土改革コンサルティングを提供。同社にて海外グループ人事リーダー、中国現地法人社長、日本法人代表取締役を歴任。2014年よりIndigo Blue に参画。横浜国立大学非常勤講師、早稲田大学ビジネススクール中国研究室講師

クライアントサービス マネージャ
藤本 幹子(Mikiko Fujimoto)
1998年三菱電機エンジニアリング株式会社入社。コンテンツ事業や映像配信事業の事業領域のセールスエンジニアとして、デジタルサイネージの新規事業の立ち上げなどに参画。その後、株式会社イーシー・ワンなどで米国ソフトウエア会社との事業開発、国立研究開発法人とのプロジェクト推進をなど担当。

コンサルタント
山森 達也(Tatsuya Yamamori)
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社を経て、情報セキュリティ・個人情報保護・BCPのコンサルティングおよびアセスメント業務に従事。
グローバル企業、国内大手からベンチャー企業まで様々な組織に対してプロジェクトリーダーとして携わる。

パートナー

シニア パートナー
梅田 佳代子(Kayoko Umeda)
1976年AIU保険会社に入社。
その後、米系のCAD/CAMコンピューター会社在籍中に人事キャリアをスタート。
以降30年にわたり、シティバンク、スペンサースチュアート、シュローダーグループ等で人事分野における幅広い経験を積む。2000年シュローダー投信投資顧問(現シュローダー・インベストメント・マネジメント)の人事部長に就任。 マネジメントチームの一員として人事全般および組織運営にかかわる。2013年7月よりIndigo Blueに参画。各企業向け人材開発でアセスメントを担当。


シニア パートナー
宮竹 直子(Naoko Miyatake)
1982年株式会社ジェーシービー入社、人事部人材開発グループマネージャー、品質管理部長、執行役員コミュニケーションセンター部長他要職を歴任。プレミアム会員専用窓口を立ち上げ他、事業および管理両面で同社を牽引。2008年関連会社ジェーシービー・サービス代表取締役社長就任。2013年8月に株式会社感性労働研究所を設立。2015年IndigoBlue参画。
エグゼクティブリーダーシップ開発、エグゼクティブアセスメント&トレーニング、女性リーダー育成、 女性活躍推進支援、社会人基礎力強化、EQ開発トレーニング、コールセンター運営コンサルティング、その他人材開発全般を強みとする。
シニア パートナー
増田 和利(Kazutoshi Masuda)
外資系企業を専門とするファシリティ・マネジメント会社にて数多くの オフィス・プランニングを経験。その後外資系企業数社にて人事・教育・労務・総務全般に従事。コンデナスト・パブリケーションズ・ジャパンのHRディレクターを経て独立。2011年にOffice K&Mを設立し、外資系及び日系企業の人事制度構築からオフィス環境の整備まで、人事総務系の幅広い分野で活動中。(一社)日本産業カウンセラー協会認定「産業カウンセラー」、国家資格 キャリアコンサルタント(2級キャリアコンサルティング技能士)


シニア パートナー
筱田 玲子(Reiko Shinoda)
デュポン株式会社人事部の研修担当として組織開発研修、異文化間コミュニケーションプログラム等を企画、海外派遣前研修も実施した。1992年米国留学。パーデュー大学にてMBA(人事専攻)を取得後、世界銀行本部人事部にて世界銀行スタッフとグローバル企業間のスタッフ・エクスチェンジ・プログラムを推進した。帰国後、JPモルガン人事部にてビジネスパートナーとして2度の合併を経験。2008年、ピクテ・ジャパン株式会社に転職。取締役人事部長として人材育成・組織開発を中心とした人事全般を充実させることによりビジネスをサポートした。 2016年よりIndigo Blueに参画し、各企業向け人材開発でアセスメントを担当している。

シニア パートナー
北島 規子(Noriko Kitajima)
大学卒業後、貿易商社、会計事務所勤務を経て、1990年に外資系製薬企業ローヌ・プーラン・ローラー株式会社(現サノフィ株式会社)に入社。2015年退職。
人事労務全般、対労働組合交渉、人事諸制度企画、個別労務対応を主に担当。また、育児サポート向上施策を始めとする数々のプロジェクトをリードするなど、豊富な人事・労務領域の経験をベースに活躍。
シニア パートナー
ロドリック・ポーター(Roderick Porter)
2007年~2010年、世界的なトレーニング会社の日本法人代表を務め2011年に独立。
単なる語学に関するトレーニングではなく、グローバルな舞台で活躍するためのビジネスパーソンを育てるためのビジネススキルトレーニングのプロフェッショナル。 外資系・日系企業双方で若手からプレジデントまで様々な国籍・役職のビジネスパーソンに向けてトレーニングを行う。
パートナー
石坂 聡(Satoshi Ishizaka)
スタンダードチャータード銀行人事部長、メリルリンチ証券人事部長の要職を歴任。2013年にコカ・コーライーストジャパンの常務執行役員人事本部長に就任し、5つのコカ・コーラボトラーの人事統合・改革の指揮をとり、子会社を含む約30社の人事制度統合、企業文化改革、多大なるシナジー創出などの巨大ミッションを、3年半という短期間で実現。人事改革の第一人者として、より多くの企業変革とグローバル人材育成に携わるため2017年10月にAsian Caesarsを立ち上げ、リーダーシップ研修、人事顧問サービス、エグゼクティブコーチング、講演・講義など幅広く活躍中。
Third Way Forum(Indigo Blueがスポンサーを務める急増する在日外国人・国際人のためのビジネスコミュニティ)事務局長
シニア パートナー
サチヨ・ヴィアヘラー(Sachiyo Vierheller)
2001年より文科省スーパーサイエンスハイスクールプロジェクト (SSH) にて、全国の高校生にプレゼンテーションを指導。道具としての英語使い熟し術習得に向けた『Be a Global Communicator (地球人のコミュニケーション)』ワークショップを展開。大手商社海外勤務マネージャー向け経営管理、リーダーシップ養成、チーム作り/チーム力強化セミナーのアシスタント講師を務める。英語コミュニケーション・コーチ/コンサルタント歴25年。通訳、翻訳者としてイスラエル、ローマ、ベニス、シカゴ、ワシントンDCでの国際学会取材参加。



シニア パートナー
ギャリー・ヴィアヘラー(Gary Vierheller)
1988年より、富士フィルム、電通、ソニー、ヤンセンファーマ、大塚製薬、外務省、日本建築センター、JTなど日本企業や団体でエグゼクティブ・コーチング/コンサルテーション、インターナショナル・ネゴシエーション、ビジネス文書作成、プレゼンテーション原稿作成、プレゼンテーション指導等を行う。日本科学未来館にて、国際渉外、プレゼンテーション原稿作成、指導、VIP案内に関する英語コンサルタントを務める。文部科学省、(独)科学技術振興機構等で活躍。日本人宇宙飛行士(土井氏、向井氏、毛利氏、野口氏、古川氏、星出氏、山崎氏)への英語カリキュラム作成と指導を行う。コンストラクティブ・リビング公認インストラクター
シニア パートナー
玉巻 裕章(Hiroaki Tamamaki)
1980年伊藤忠商事入社、繊維カンパニーに配属される。ニューヨーク・香港にて計16年間の駐在を経て、2010年執行役員・繊維原料テキスタイル部門長就任。伊藤忠インターナショナル会社繊維部門長、米国子会社CEO、国内外のグループ関連会社取締役を歴任する。2011年ファミリーマート常務取締役に就任。商品物流品質管理本部、新規事業開発本部を管掌する。事業投資、企業買収、合併、新規事業起ち上げ、不採算事業撤退など多岐に渡る経営課題に携わる。
2019年退任。現在はIT系スタートアップ取締役、複数社の顧問等の活動をしている。
シニア パートナー
土屋 純(Jun Tsuchiya)
1974年三菱商事に入社。日本固有の人事課題に加えて国際人材開発などグローバル人事政策も担当。
人事企画、人事サービスの事業化、全社横断型プロジェクトなど人事と経営の接点をその発展段階に応じて一貫して携わってきた。その間1年間の社外留学、3年間の米国勤務を経験。
2000年12月に米国エマソン・エレクトリック社日本法人に人事部長として入社。2006年より2015年まで9年間日本代表を勤めた後、2016年10月にコンサルタントとして独立、主に外資系企業を支援。
シニア パートナー
河口 仁昭(Yoshiaki Kawaguchi)
1986年麒麟麦酒入社。数百名の生産現場マネジメントに携わる。同社を休職しカーネギーメロン大学ビジネススクールに留学後、1992年日本興業銀行に転じ法人営業、企業審査、事業再生に従事。民事再生法適用申請等多くの修羅場を経験。2003年からIT企業でM&A、子会社管理等を主導後、2005年住友商事に転職。M&A推進、リスクマネジメント、内部監査業務に従事(内、4年間はシンガポール)。国内外のトップマネジメントを評価。2020年㈱インベスティゲイトを設立。投資、海外展開等を支援中。


パートナー
宮坂 雪里(Misato Miyasaka)
1995年ビー・エム・ダブリュー株式会社入社。新車販売の好成績者として表彰。2001年よりウイリアム・エム・マーサー(現マーサージャパン)株式会社にセクレタリーとして入社。セクレタリーチームリーダー、スタッフィングコーディネーターとして従事しながら2002年よりコーチングを学び、社内コーチとしても活躍。2007年ルーセントC株式会社設立、代表を務める。2010年末マーサー退職後はプロフェッショナルコーチとして数万人規模の会社のエグゼクティブから中小企業経営者、アーティスト等多岐にわたるクライアントに対してコーチングセッションを実施し、2022年末コーチングセッション時間は1,800時間を超える。Certified Professional Co-Active Coach(CPCC)・国際コーチング連盟(ICF)認定プロフェッショナルサーティファイドコーチ(PCC)。
シニア パートナー
森 万希子(Makiko Mori)
1982年伊藤忠ファッションシステム株式会社入社、海外ブランドビジネスに従事。欧州のラグジュアリーブランド・クリエイターブランドの日本での輸入・ライセンスビジネスを多数手がける。ニューヨークファッションが話題となった時には、日本のクライアントと共にコンテンポラリーファッションブランドの日本進出のプロデュースを務める。2012年同社取締役に就任、マーケティング部署を管轄。2016年常務取締役就任、営業統括として業務推進。2020年事業開発推進室にて、これからの時代に沿った新規案件開発に努める。2022年株式会社ネオアグロステーション入社、常務取締役就任。農芸化学領域において、次世代型構造解析技術を用いた新規成分探索を基に次世代ビジネスSEEDを産み出す事業に従事。


MBchart コンサルタント

松浦 拓也
(Takuya Matsuura)

前田 浩司
(Kouji Maeda)

田原 育代
(Ikuyo Tahara)

根岸 雄一郎
(Yuichiro Negishi)


TOP
TOP