Vol.718「ポータブルスキルを鍛えていて良かった!」(メールマガジン「人事の目」より) 

とある著名人の働き方に圧倒されました。自分はまだまだだと思いました。
もっとチャレンジできるはずだと背中を押された気がします。ただし、働く時間は
増やしません。アウトプットを増やします。

2000年以降、社長的な仕事をずっとやってきました。組織を率いる仕事はもう「卒業」
です。今は個人とやれることをやれるだけやってみようと思っています。面白そうな
ことは全部やってやろうと思っています。
(逆に言うと、面白くなさそうなことはやらないという宣言でもあります。)

その勢いで動き始めたら、あっという間にスケジュールが埋まってきてしまいました。
2019年もかなり埋まってしまいました。柴田と一緒に何かをやろうと企てている方が
いらっしゃいましたら、早めにご連絡ください。確定前で構いません。
日程的にやれなくなると残念なので。(業務連絡でした。(^.^))

さて、日によっては1日に10件近くご相談案件に関わります。ポータブルスキルを
鍛えておいて良かったーとつくづく思います。お話ししながら、ポータブルスキルを
駆使して、その場でアウトプットづくりができるので、作業時間を別にとらなくとも
物事が進みます。

これができるのは、論点の整理力と文章力(まとめの語彙力を含む)とPC操作力が
あるからだと思います。議論している内容をまとめて、要はこういうことではないかと、
その場でお見せできるのが効いています。場数という経験によるものももちろんあります。
が、基本は「論点の整理力」「文章力」「PC操作力」だと思います。

これらはポータブルスキルの一部です。このスキルがあると便利です。
どこの会社だろうが、何の仕事だろうが、すぐにパフォーマンスを発揮できます。
ところが学生時代にこのポータブルスキルを学ぶ場がないようですので、
以前にもご紹介した社団法人のPHAZEで、ポータブルスキルを徹底的に鍛えるPHAZE塾
(京都会場)なるものをやっています。私は発起人で塾長です。

PHAZE塾の対象は18歳から25歳までの若者です。学歴、国籍、今何をやっているかは
全く不問。「新卒であったとしても幹部候補」とみなされるだけの実力をつけることを
目標に3か月と1日の期間、「自分のエゴとの向き合い」「情報の整理方法」、
「作業スピードを激速にするためのPC操作」、「経済誌の読み方」、
「周囲を明るくする術」「ホスピタリティ」「表情で語るスキル」「
企画プレゼン術」などを徹底的にやっています。

3か月と1日の参加に対して、10万円の奨励金も支給するプログラムなので狭き門です。
今年は6名が選ばれました。

私は「企画プレゼン術」を担当して、着眼点、文章作成力、プレゼンのイロハを
徹底的にやっています。ポテンシャル高い奨励生たちですが、本当に学校では
このポータブルスキルを学ぶ場がないのだな、と痛感します。社会に出る前に
この力を身に着けているかどうかでその後の人生が大きく変わると思います。
もちろん、社会に出てからOJTなどで身に着けてもいいのですが、最初からこのスキルが
あった方がいいに決まっています。明らかにいろいろなチャンスに巡り合えるはずですから、

12月15日(土)に東京の銀座でこの6名の修了式を兼ねた「実力判定プログラム:KAMBEE
(官兵衛)」を公開開催します。みなさんご存知のSASUKEはアスリートが身体をつかった
難関にチャレンジするものですが、KAMBEEはポータブルスキルを駆使して、
難問にチャレンジしていくものです。

PHAZEなるものにご賛同いただける企業の方のご見学をお待ちしています。
(なにしろ、PHAZEはこうした企業からご寄付で成立しております社団法人ですので。)

みなさまのお力添えをお願い致します。ご興味がある方は以下よりお知らせください。
(ご見学のご案内をお送りします。)

http://phaze.jp/contact/

おまけー1:PHAZE開講式のダイジェスト映像を含む活動報告です。
http://phaze.jp/news/

おまけー2:あんみつを注文。あんだと思って食べたらチョコだったときの衝撃。
「あの、これ・・・」「チョコ味のあんです。」と店員。「うちはカカオの店です。」
(知らんかった。)

おまけー3:Avengers Infinity Warが散々な終わり方だったので、その続きが気になって
仕方ありません。続編情報的なYoutube映像がたくさんあるので余計気になります。

※本記事はメルマガ「人事の目」で配信されています。
メルマガ登録(無料)はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP