METHODS

マネジメント・ プロファイラー診断

マネジメント・ プロファイラー診断

性格診断でも適職診断でもない
マネジメントとしての思考・行動診断

 

マネジメント・プロファイラー(MP)診断とは

自身の勝ちパターンを知ることで
個人とチームのアウトプットを最大化させる
仕事を遂行する上でのマネジメントスタイルは、人それぞれ。
ビジョンや戦略を重視する人もいれば、他者との調和を重視する人もいます。
各人が自らとメンバーのマネジメントスタイルを知り、生かしていくことで、
個人としても、チームとしてもアウトプットを最大化していくことができます。
特徴
MP(マネジメント・プロファイラー)は企業・組織の主に管理職以上の方々の実際の思考・行動のデータベースと、IIOSSのマネージメント・プロファイルの基本コンセプトの組み合わせからデザインされたものです。

個人の平時におけるマネジメントスタイルと、ストレス下におけるマネジメントスタイルの両方を診断します。

4つのマネジメントスタイル
4つのマネジメントスタイル

リーダー、管理職の人材像

実施方法
MP診断の受検は、すべてオンライン上で完結します。
専用フォームより、自身の行動や行動を促す意識、仕事上の優先順位や他者とのかかわり等、全134問の設問に回答いただきます。
(所要時間:30-45分程度)
後日、診断結果レポートにて結果をお伝えします。

MP診断の使い方(例)

MP診断の結果は、受検者本人や組織全体で多様な活用が可能です。

MP診断の使い方

製品仕様

MP診断は、株式会社IIOSSとの連携ツールです。
オンライン上で全143の設問に回答することで、対象者のマネジメントスタイルを4つに大分類します。
更には、対象者の平常時とストレス下におけるマネジメントスタイルのそれぞれを分析することができ、よりビジネスシーンに活用していただくことが可能です。

応用例

【応用例①】
人材プロファイラを活用した組織開発
チームダイナミクスやシナジーを最大化させるためには、異なるマネジメントスタイルの人材が集い、議論できる環境を整えることが重要です。
MP診断結果を”プロファイラ“として活用し、チームやプロジェクトのアサインメンバーの検討、新規メンバー採用の要件定義等に活用できます。
その他、Indigo Blueではこれまでの多様なクライアント様データから、MP診断を活用した幅広い組織マネジメントのコンサルティングも実施しています。

人材像を可視化するツール
人材像を可視化するツール

リーダー、管理職の人材像

【応用例②】
育成プログラム×MP診断による、リーダー育成
Organization TheaterBusiness eXperience Gates(BXG)など、育成プログラム実施にあわせてMP診断を受検いただきます。
平常時とストレス下におけるマネジメントスタイルを考慮した上でのケース配役の決定、フィードバック等を行うことで、より学習効果を高め、リーダーやマネージャ、経営者としての成長を促進します。
また、個人のマネジメントスタイルを考慮した上での継続的なコーチングも提供可能です。

MP診断に関するお問い合わせ・ご相談は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

TOP
TOP